【2024年】太陽光発電の見積もりで気をつけるべき4つの注意点

太陽光発電 見積もり

「太陽光発電の相場価格は?」
「妥当な見積もりは?」

太陽光発電を設置したいけど、受け取った見積書が妥当であるのか分からない、騙されていないか心配という方も多いでしょう。

ここでは、太陽光発電の妥当な見積もり見積もりをとる時の注意点を解説します。

ぜひこの記事を参考にして、信頼できる会社で太陽光発電設備を安く設置してください!

参考

太陽光発電についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

太陽光発電は今さら得するの?気になるデメリットと設置するべきか解説

目次

太陽光発電の見積もりで注意すべき4つのポイント

太陽光発電の見積もりをとるときには、以下の4つに注意しましょう。

  • 費用の総額を確認
  • kW単価を確認
  • シミュレーションを確認
  • 保証内容を確認

それぞれ解説します。

ポイント1:費用の総額を確認する

見積書 総額

まずは、見積書の総額を確認しましょう

総額を確認することで、見積もりの妥当性をはかることができます。

補助金は、各地方自治体によって大きく異なり、また申請が必ずしも通るとは限りません。

そのため、補助金の適用前の金額を確認することが大切です。

ローンを組む場合は、金利と金利を含めた総額を確認する

見積書 ローン

ソーラーローンなどを利用する場合、金利と金利を含めた総額を確認する必要があります

金利は妥当かどうか、また返済シミュレーションも確認しましょう。

また、毎月の支払い金額だけを伝えられ、総額がとても高くなることがあるため、金利を含めた総額を事前に確認することが大切です。

ポイント2:kW単価を確認する

太陽光発電システムの見積もりの妥当性をはかるためには、kW単価も確認することが大切です。

経済産業省によると、太陽光発電システム費用の相場は、26.1万円/kWです。

1kWあたりの相場価格 5kWの相場価格
26.1万円 130.5万円

人気メーカー10社の平均価格は121万円

太陽光パネル メーカー平均価格 太陽光発電(パネル)の設置費用について調べると、人気メーカー10社の平均は121万円となりました。

容量ごとの価格平均は以下のようになっています。

一般的な大きさである5kWの太陽光パネルの価格平均は、約135万円です。

太陽光パネル容量 価格平均 1kwあたりの価格
6kW 約158万円 26.3万円
5kW 約135万円 27万円
4kW 約109万円 27.3万円
3kW 約84万円 28万円
参考

ポイント3:シミュレーションを確認する

シミュレーションを確認することで、費用を回収できるか、費用対効果は十分か知ることができます

特に以下の3点に注意しましょう。

自家消費率は適切か

シミュレーションを確認する際は、適切な自家消費率で計算されているか確認しましょう。

「自家消費30%・売電70%」での電力利用が一般的です。

最近は電気代が高騰し、売電価格が低下しているため、自家消費で余った電力を売るという形がオススメです。

機器の劣化は考慮されているか

太陽光発電設備の劣化を考慮してシミュレーションが行われているか確認しましょう。

太陽光発電システムの寿命は20〜30年とされていますが、機器の劣化により発電効率は年々低下します。

そこで、計算に損失係数(一般的に0.8〜0.87)が含まれているか確認してみましょう。

これは、機器の劣化による変換効率の低下などを考慮に入れた数値です。

発電量に大きな差が生じるわけではありませんが、シミュレーションの正確さや信頼度を見極められます

ランニングコストを支払っても十分に効果があるか

ランニングコスト

経済産業省 資源エネルギー庁|太陽光発電について

シミュレーションを確認する際は、ランニングコストが考慮されているか確認しましょう

太陽光発電の利用には、設置費用だけでなくメンテナンスなどのランニングコストがかかります。

経済産業省によると、ランニングコストは年間0.5万円/kWであり、5kWのパネルの場合は年間2.5万円です。

これらのコストを支払っても、費用は回収できるか、費用対効果は十分か確認しましょう。

ポイント4:保証内容を確認する

太陽光発電の見積もりでは、購入内容に含まれている保証内容を確認しましょう

価格の安さだけで選んでしまうと、修理や交換をする際に高額な費用が必要になることがあります。

保証内容を事前に確認して、充分なアフターサポートを受けられるようにしましょう。

太陽光発電の見積もりは妥当?それぞれの相場価格を確認!

太陽光発電システムの見積もりの妥当性をはかるために、設備の相場費用を確認しましょう。

太陽光発電システムの設置費用の相場

経済産業省によると、太陽光発電システムの設置費用の相場価格は、26.1万円/kWです。

性能やメーカーによって価格は変動しますが、1つの基準として参考にしてください。
1kWあたりの相場価格 5kWの相場価格
26.1万円 130.5万円

太陽光発電システム設置費用の内訳

太陽光パネルの設置に必要な価格・費用の内訳は、下記のとおりです。

太陽光パネル 設置費用内訳

 

内訳 説明 割合 価格相場(/kW)
パネル パネル自体の価格 約60% 15.7万円
架台 パネルを屋根に固定する架台の価格 約4% 1.0万円
パワーコンディショナー 電力を変換するための機器の価格 約10% 2.6万円
工事 設置のための人件費や足場代等の費用 約25% 6.5万円
その他 申請手数料や保険料などの費用 約1% 0.3万円

 

この中でも、工事費用は配線工事、モニターの設置など必要に応じた施工が含まれているため、価格は前後しやすいでしょう。

蓄電池の相場価格

蓄電池の1kWhあたりの価格は、工事費なども込みで『15〜22.1万円』が相場です

太陽光発電と蓄電池を同時に設置することで工事費用をおさえられ、バラバラで設置するより安くなります。

蓄電池の設置を考えている方は、同時に見積もりをとることをオススメします。

参考

株式会社三菱総合研究所|蓄電システムをめぐる現状認識

太陽光発電の見積もりは複数社を比較しよう!

見積もり 比較

太陽光発電システムを購入する際は、複数社の見積もりを比較することがとても大切です。

価格の安い会社を見つけられるだけでなく、妥当な見積もりを見極めることができるからです。

金額はもちろん、シミュレーションやアフターサポートなどの質を比較しましょう。

複数社の見積もりを比べることで、自身に合った信頼できる会社を見つけることができます!

太陽光発電のお見積もりはNOWALLで

NOWALL

NOWALLは、多数の実績をもちお客様からの高い信頼を獲得しています。

NOWALLは工事自社施工

NOWALLでは、自社施工で太陽光発電システムの設置工事を行います

自社施工の会社は責任感の強い工事が魅力

工事自社施工の会社は、自分たちの工事が自社の評価につながります。

そのため、工事のみを下請け会社が担当する場合よりも、責任をもって施工を行います。

自社施工だからこそ、責任を持った工事につながり、そしてお客様の高い満足と信頼をいただいております

自社施工の会社は圧倒的に低価格

下請け会社がある場合、2社以上の利益が料金に含まれるため、どうしても料金が高くなってしまいます。

しかし、自社施工のNOWALLでは無駄なコストがかからないため、低価格での提供が可能です。

見積もりを知りたい方はもちろん、お持ちの見積もりの妥当性について知りたい方は、お気軽にNOWALLへご相談ください

 

お問い合わせはこちら

目次